ボケ・ツッコミ検定-7・8月課題の合格作品

 今回は漫才と小咄は「夏休み」。
お悩み相談室は「ダイエットできない」をテーマに応募頂きました。

「夏休み」と言われると、すぐに旅行が思いつくのか、圧倒的に、夏休みはどこへ行くという
ネタが多かったようです。短い漫才や小咄ですので、何の話をするのかが大きなポイントです。
ちょっと一捻りして、どしどしご応募下さい。

漫才と小咄の中間を送って来られる人が多いようです。
漫才は1つのストーリーが必要です。
小咄はオチが1つで、そこに向かって書いて下さい。

 それとやはり、どうも漫才を応募する人が少ないようです。
小咄の方が簡単でしょうが、漫才もよろしくお願いします。

今もテーマとは関係ない台本も送られてきます。あくまでテーマに
沿ってですのでご注意下さい。
 とりあえず書いてみたらでかまいません。
初めて応募された方はちょっと甘くしますので、何でも結構です。
どしどしご応募下さい。

 小咄は一人3作品、漫才は一人2作品までとします。
 漫才の文字数は400字以内、20字×20字の400字詰め一枚の原稿用紙の
つもりで書いて下さい。
今回の例で20行ならばOKです。400字ではなく400字詰め1枚ですので
勘違いのないように。


小咄を作る方法

■小咄はオチから考えよう
・ダジャレで落とす場合、オチに当たる言葉がきれいに2通りが思い浮かぶ
 言葉にし、そこからネタ振りを考えるといいでしょう。

アナウンサー「横綱、掃除がお好きなんですってね」
横綱「毎日やってるな」
アナウンサー「やっぱり拭くほうですか?」
横綱「ううん、掃く方(白鵬)」

■今や季節にふさわしいネタ振りを考えよう
A「暑いなぁ、いよいよ今年も節電の夏がやって来たなぁ」
B「うん」
A「言葉まで節電すな」


みたいな、簡単なものでも結構です。
どしどしご応募下さい。



お悩み相談室 今月の合格者

 ※残念ながらありませんでした。




「小咄」漫才部門 今月の合格者


 ※残念ながらありませんでした。



「ボケ・ツッコミ検定」漫才部門 今月の合格者


<三宅伸幸さん>  ☆

「怖かったー。やっぱりお盆の夜って怖いねんなあ」


「現れよったか」


「そや。13日の夜や、迎え火たいてな、お供えしといたんや。
 寝てたら玄関の方で人の気配がしてな、何かなあ思うたら、
 生暖かーい風が吹いてきよって誰もおらんはずの仏間で
 仏壇がチーンと鳴るやないか」


「おぉ、怖い怖い」


「わし、勇気ふりしぼって見に行ってな、襖あけたがな」


「先祖の霊がおったか!」


「嫁いだ長女が帰ってきとった」

 


寸評:
三宅さんの2連覇です。「嫁いだ長女が帰てた」のオチはいいんですが、
でも、それのどこが怖いのかがあると☆が増えるのですが。
これではネタ振りとオチがあんまり関係なくなっています。